ビフィズス菌が便秘を改善

よく見かけるビフィズス菌入りのヨーグルトなどを短期間で大量に食べてしまえば、便秘がそれだけで改善する!というわけではないのですね。ですが、オリゴ糖入りの食べものを摂取したりして時間をかけてビフィズス菌を増やしてあげることで、便秘が改善しやすくなると思います。さらに、腸内でビフィズス菌を育てたいときには、長くこれらの摂取を継続していくことも大切です。

他のものより腸内まで届きやすいとはいえ、食べものに入っているオリゴ糖だけだと、ちょっと力不足だからです。オリゴ糖の含まれるバナナなどの食べものもそうですが、長く食べ続けていこうと心に決めるのことも大事ですね。こういったものは継続することではじめて、あなたの便秘を改善してくれるサポーターになってくれるでしょう。外からも腸内からも、ビフィズス菌を増やしていくようにしましょう。

ですが、腸には届きにくいですが、よくあるビフィズス菌入りのヨーグルトなどを、長期にかけて継続して摂取していくのもありだとは思います。それにプラスして、さらに便秘解消していけそうなオリゴ糖を摂取することで、ビフィズス菌のそれ自体を腸内で直接、増やしていく。というのも、便秘を今より改善していける方法の1つだと言えます。ビフィズス菌で便秘を解消すれば、気分もスッキリとした感じで外出できるはずです。善玉菌が増えると、悪玉菌が減っていく。こういったバランスのよい仕組みとは違い、人間はけっこう欲ばりですよね。なので、便秘の不安が減ると、ストレスも減ってくれるでしょう。

オリゴ糖がビフィズス菌のエサに

オリゴ糖を摂取すると、ビフィズス菌がどんどん増えてくれます。ビフィズス菌は体にとてもよいですし、ビフィズス菌入りの食べものを摂取するのもいいですが、実はビフィズス菌は胃酸に弱く、腸内まで届かせるのが大変だったりするのです。ほとんどのビフィズス菌が届かないと言われています。ですが、オリゴ糖の場合は、腸内までも届いてくれる可能性が高いです。オリゴ糖なら、あなたの胃に入っても消化されにくいですし、つまり届きにくいあなたの腸内までちゃんと届いてくれるので、他のものよりも、腸の不調などを改善してくれるというわけです。

しかも、それだけではありません。オリゴ糖は、ビフィズス菌とペアを組むと、他よりも多くビフィズス菌の数を増やしてくれる貴重な存在なのです。ビフィズス菌はオリゴ糖が好物だ、とまで言われるほどです。あなたがオリゴ糖を体内にとりいれると、ビフィズス菌は喜んでどんどんオリゴ糖を食べてくれるのです。そうすると、栄養をつけたビフィズス菌が、悪玉菌より優勢になり、どんどん数を増やして腸内改善のリーダーとして活躍していってくれます。

つまり、オリゴ糖はビフィズス菌のエサの代わりになってくれる、便秘解消にも有効なアイテムと言えるのです。オリゴ糖が含まれている食べものとしては、納豆や大豆。また、デザートとしての摂取を考えるなら、バナナとはちみつなどもオリゴ糖が多く含まれていますので、おすすめです。便秘が気になる方は、オリゴ糖を摂取して、ビフィズス菌を増やしてあげるのもいいですね。

参考サイト「カイテキオリゴ 公式サイト