悪玉菌が増えると便秘になる

便秘の原因には、悪玉菌というものが関係しています。善玉菌や悪玉菌、という言葉を聞いたことがある人はけっこう多いと思います。これらは、いわゆる体の中にある細菌のことです。善玉菌は、あなたの体をよくするために働いてくれていますが、悪玉菌は多少、体に悪さをしてくることがあります。実は、この悪玉菌が増えてしまうと、便秘になりやすいのです。

しかし、体の中に善玉菌のほうが多く存在していると、悪玉菌は自然に減っていってくれます。その理由としては、腸内にある細菌の量が、常に一定の量になっているからです。善玉菌が減ると悪玉菌が増えていき、悪玉菌が減ると善玉菌が増えていく、このようにして他の細菌が量を補ってくれるのです。なので、善玉菌が増えると、便秘の大敵である悪玉菌の活動を意図的に抑えつけてくれるようになるわけです。なので、善玉菌をなんらかの形で増やすことができれば、悪玉菌の活動を体の中でコントロールすることができ、両方の細菌が働くバランスがよくなっていき、便秘も改善していけるのです。

年齢が上がるにつれて、悪玉菌は増えていきます。中年女性に便秘の人が多いイメージがあるのはそのせいもあるかもしれませんね。なので、年齢が気になる方は、善玉菌を増やすために、善玉菌が多く含まれているヨーグルトなどを摂取してみるといいでしょう。ところで、善玉菌にもいろいろな種類が存在しています。その中でも、ビフィズス菌が特に便秘を解消してくれると言われています。ちなみに、このビフィズス菌を増やすには、オリゴ糖を摂取するといいのです。